しろふくろうの海外FXでもメタトレーダー 

しろふくろうおすすめFX会社
TradingPoint 口座開設

FXDD 口座開設

YouTradeFX 口座開設

おすすめチャートシステム
しろふくろうの著書

マーケット情報
RSSブックマーク

Google Readerへ追加

↑クリックするとiGoogleで更新記事が確認できます!

はてなRSSへ追加

My Yahooへ追加

Livedoorへ追加

RSSリーダーで購読


リンク集
海外FXお役立ちガイド。TradeLife 経済を見渡す。TradeLife 世界の今を伝える。TradeNow

ホーム  >  おすすめのチャートシステム  >  おすすめのインディケーター

おすすめのインディケーター

ボリンジャーバンドEMA

こんにちは しろふくろうです!


本日ご紹介するのは、ボリンジャーバンドEMAというインディケーターです。
一般的なボリンジャーバンドはSMAを中心線としていますが、このインディケーターはEMAを使用しています。(そのままですね・・・)

インストールの方法は、他のカスタムインディケーターと同じですので過去の記事を参照にインストールしてみてください。

□まずはインディケーターをこちらからダウンロードしてください。
「bollinger_band_ema.zip」をダウンロード

□インディケーターのインストール方法はこちらを参照ください。


Bbemaまずインストールが完了すると、ナビゲーターの Custom indicatorsに「bollinger band ema」が表示されると思います。

Yajirusi
Bbemaa先ほどのインディケーターをチャート上にドラッグします。

ポップアップウインドウが開きますので 、パラメーターの入力で期間などをセッティングしてください。
標準では20期間、2σの設定となっています。

YajirusiBb3こちらのチャートは、BBEMAと通常のボリンジャーバンドを同じ20期間 2標準偏差でプロットしたもので。
赤が通常のボリンジャーバンド緑色がBBEMAです。

 

反応がクイックなのと、チャートの方向感が明確なので個人的には好んで使っています。

 

いろいろなアイデアでご活用ください。



平均足インディケーター

こんにちは しろふくろうです!


本日ご紹介するのは、メタトレーダーで平均足を表示するインディケーターです。

前回ご紹介した、ボリンジャーバンドEMA と合わせて表示させると逆張りトレードにも有効です。

インストールの方法は、他のカスタムインディケーターと同じですので過去の記事を参照にインストールしてみてください。

□まずはインディケーターをこちらからダウンロードしてください。
「HeikenAshi_DM.zip」をダウンロード

□インディケーターのインストール方法はこちらを参照ください。


Ha1まずインストールが完了すると、ナビゲーターの Custom indicatorsに「HeikinAshiDM」が表示されると思います。

Yajirusi Haa先ほどのインディケーターをチャート上にドラッグします。

ポップアップウインドウが開きますので 、そのままOKを押します。YajirusiHa2ローソク足の上に平均足がプロットされましたが、このままでは見づらいので少し加工して見ましょう。YajirusiHabチャートの上で右クリックしプロパティを開きます。

上昇バーを選択し、プルダウンを開き、色をnoneにします。YajirusiHac図のように、4つのバーの色をnoneに変更しOKを押します。

 

YajirusiHa3これで完成です。

ボリンジャーバンドの上下のレンジにタッチし平均足の色が変わるとレンジの逆張りのトレードが解りやすいと思います。



いろいろと他のインディケーターとの組み合わせてオリジナルチャートをお試しください。



マルチタイムフィボナッチPIVOT インディケーター

こんにちは しろふくろうです!

しろふくろうの得意とするトレードのひとつに、PIVOTポイントを活用したトレードがあります。

左のメニューに PIVOTポイントについてというカテゴリーでまとめていますが、
今日はしろふくろうオリジナルのインディケータをご紹介したいと思います。 


今回、しろふくろうがご紹介するのは、マルチタイムでのPIVOTを表示させることが出来るインディケーターです。

少し詳しく説明すると、4時間足や1時間足でのPIVOTポイントを自動で表示してくれるインディケーターで、
5分足や、15分足を使ってのデイトレードに活用することが出来ます。

まずはインディケーターをダウンロードして、こちらの記事を参考にインディケーターをインストール
してください。

インディケーターのダウンロードはこちらから
       ↓

#siro_fibopivot_mt.zip 
 
(圧縮ファイルですのでダウンロードしたらダブルクリックして解凍してからお使い下さい)

 

fs1.png


インストールが成功すると、「ナビゲーター」の中に「#siro_fibopivot_mt」があると思いますので、
デスクトップにドラッグします。

ポップアップが開きますので、「パラメーター」を確認します。
初期値は、「240」で4時間足になっていますが、日足にする場合は「1440」、1時間なら「60」を入力します。

※マルチタイムの設定に関しては、FXメタトレーダーで儲ける しろふくろうのスーパー投資術 に詳しく
書いていますのでご参照ください。

 

今回は通常のPIVOTポイントではなく、高値と安値の差にフィボナッチ係数をかけた値を
PIVOTポイントに足し引きした値を使う「フィボナッチPIVOT」を使用しています。
また記事で詳しくご紹介しますが、今回は 0.5、0.618、1.0.1.382 の4つの値を
初期値として設定しています。

まずは、そのままOKを押します。

fs2.png

 

 

 

 

 

 

 

 

 



1時間チャートに表示すると、いまいちピンときませんね、

タイムフレームを 5分に 変更してみましょう。

fs3.png



このような感じで、直前の4時間足の ハイ・ロー・クローズからPIVOT値とフィボナッチPIVOT値を計算し
自動で線引きしてくれます。

しろふくろうは、短期でトレードを行う再に、PIVOTポイントより上か下でブルベアの判断をしたり、
FS4とFR4を損きりのポイントとして使ったりしています。

今回は、FXDDのチャートとですが、AVA FX FXCMのチャートでも4時間や1時間は使えますので、
ぜひご活用ください!

 

記事の続きはこちら

メタトレーダーPIVOTをNYクローズの値で計算するインディケーター

こんにちは しろふくろうです!

 

前回のマルチタイムフィボナッチPIVOTインディケーターに続き、

FXCM UKなどの日足6本が発生するメタトレーダーで、

NYクロースベースの日足PIVOT値を計算して表示するインディケーターを

作ってみました。

 


メタトレーダーで日足ベースのテクニカル指標を使うと、どうしても日足6本足問題

気になります。

そこで、FXCM UKなどのサーバータイムがGMTのもので使い勝手がよくなるように、
日足データーをNYクロースに変えてPIVOTを表示できるインディケーターを
作ってみました。

 

fxcm.png

 

チャート上にはこのような形で、表示されます。

基本的な考え方は、始まりと終わりをNYクロースに合うようにし、1時間足の高値と安値
そして、始値、終値を抽出して日足仮の日足4本値を算出して計算しています。

 

まずはインディケーターをダウンロードして、こちらの記事を参考にインディケーターをインストール
してください。

Pivot_gmt .zip

   ↑
こちらのファイルをダウンロードしてお使い下さい。
(圧縮ファイルですのでダウンロードしたらダブルクリックして解凍してからお使い下さい)

FXCM UKは 英国にあるFXCMの子会社で、海外のレバレッジ規制を受けないので
200倍のレバレッジで取引できます。
また、なにより便利なのは証拠金の入金が、国内送金で行えることです

口座開設さえしてしまえば、あとはメタトレーダーを200倍で取引することが可能です。

今回のPIVOTに続けて、いろいろとGMTバージョンのインディケーターを作ってみようと
思いますのでご期待下さい。

国内送金で証拠金が入金できる FXCM UK FXCM UK

 

記事の続きはこちら

NR7インディケーター(MT4用)新バージョンのご案内

メタトレーダーでNR7の表示を行うインディケーターのご紹介です。

これまでのインディケーターに比べていろいろな声を反映して改良を加え、NR7のレンジを自動で表示するなど実戦的なトレーディングツールとして進化しています。

■日足、4HのNR7発生時に、NR7のレンジが自動で表示されます。

Nr7_d  Nr7_4h

 

上が日足チャート、下が4時間チャートでのNR7発生時のチャートです。

日足でNR7が発生時にはNR7の日足のレンジが自動的に線引きされ「yesterday high」「yesterday low」と表示されます。

4時間のNR7発生時には、NR7の4時間のレンジが自動的に線引きされ、対象レンジが自動的に色づけされ一目で確認できます。

■過去のNR7発生のタイミングを検証する機能がつきました。

下のチャートをごらんいただくと赤色の■が表示されていますが、これは表示時間軸でのNR7のバーを示しています。
プロパティの設定から表示を消すことも可能です。

■NR7以外にも期間の設定が変更可能となりました。

初期設定地は、7本分の最小レンジ発生時となっていますが、プロパティの設定を変更することにより、4期間などでの表示も可能となりました(例えばNR4など)。

【注意点】

NR7インディケーターは、メタトレーダー本体の価格を元に自動的に表示されます。
メタトレーダーの会社それぞれ、終値の時間の区切りがちがいますので表示されるレンジに差が生じることがありますのでご注意下さい。


特に日足データーはFXDD社以外は日足が6本で表示されることが多く月曜日のNR7等は常に最小レンジとなることがありますのでご注意下さい。

※6本足問題に関してはこちらのページをご参照ください。

 

メタトレーダー4インジケーター




関連サイト

しろふくろうのメタトレーダーでFXシステムトレード しろふくろうFXテクニカル分析研究所