しろふくろうの海外FXでもメタトレーダー 

しろふくろうおすすめFX会社
TradingPoint 口座開設

FXDD 口座開設

YouTradeFX 口座開設

おすすめチャートシステム
しろふくろうの著書

マーケット情報
RSSブックマーク

Google Readerへ追加

↑クリックするとiGoogleで更新記事が確認できます!

はてなRSSへ追加

My Yahooへ追加

Livedoorへ追加

RSSリーダーで購読


リンク集
海外FXお役立ちガイド。TradeLife 経済を見渡す。TradeLife 世界の今を伝える。TradeNow

フィボナッチツール

便利な機能(フィボナッチエクスパンション)

こんにちは しろふくろうです!

今回はメタトレーダー4に標準で装備されているフィボナッチExpansionの基本的な使い方と、しろふくろう流アレンジの ディナポリターゲットへの変更Tipsです。

特に、各ターゲットに価格が表示されますので便利に使えると思います。

今回は画像の中に説明を埋め込んでいますので、そちらにて確認してください。
途中で詰まった方は、もう一度、チャートの基本操作から復習してくださいね。

 

Start

Yajirusi1_2 Yajirusi 2_3

Yajirusi3_2

Yajirusi3_4 Yajirusi4_3Yajirusi

5a

Yajirusi6a

Yajirusi6b

Yajirusi6b_2

Yajirusi6c YajirusiFinishu

 

お疲れ様でした!無事フィボナッチエクスパンションの変更は終わりましたか?

 

どんな時間軸でも有効ですので、いつでもA-B-Cが見つかったらこのディナポリターゲットを当てはめてみてください。

個人的には、3分割して、COP、OPでの利食いをしながらXOPまでトレーリングするというのを基本にしています。


がんばっていきましょう!



フィボナッチエクスパンションを使い倒そう!

こんにちは しろふくろうです!
今日は、値幅観測の方法をメタトレーダーの標準機能を使って算出する方法をご紹介します。

まずは以前ご紹介した、フィボナッチエクスパンションのセッティングの復習ですが、今回はさらに×2.628倍値を付け加えています。
まずはフィボナッチエクスパンションの設定を下記の通りに変更ください。
※詳しくはこちらの過去記事を参照ください。

Ex1 Yajirusi Ex2上の図の続きですが、 レベル設定に2.618、説明に ×2.618 %$ と半角で入力します。YajirusiN_2 上記のセッティングがおわりましたら、N計算値のフィボナッチエクスパンションを宛ててみましょう。
図のA B C点に エクスパンションの点をあわせます。
慣れるまではちょっと難しいかもしれませんが、がんばってください。

昨日(4月23日)のユーロドルのブレイクアウトのパターンですが XOPを超えて×2.618倍値まできれいに伸びています。
戻りはXOPで一旦レジストされて再度×2.618倍値を超えて5波動入りしています。YajirusiEこちらはまだブレイクアウトしていないのですが、シンプルブレイクアウトの四角形を当てはめてシュミレーションしてみました。

E計算値の例ですが、A B C点の取り方で、BとCを同じ位置にすることによって、1:1の値幅が取れます。
ABの値幅のOPが1:1、COPが0.618、XOPが2.618のところに来ています。
シンプルブレイクアウトの利食い目標設定に便利です。



いろんなチャートでまずはお試しください。



フィボナッチリトレイスメントの設定

こんにちは しろふくろうです!

先日しろふくろうFX研究所でふれました、「フィボナッチ逆張り売買法」 の内容にもとづきフィボナッチリトレイスメントの設定を変更してみました。

Fibo_6 フィボナッチのプロパティを開き、このように「レベル設定」と「説明」を入力します。
「フィボナッチ逆張り売買法」 で使われている78.6%レベル(以前は75.6を使用)と127.2%を積極的に使おうと考えています。

特に78.6%は61.8%のリトレイスメントでエントリーした際のストップのポイントとして、また利食いのポイントとして最近は良く使っています。

よろしければお試しください!

 




フィボナッチタイムエクスパンション(1)

こんにちは しろふくろうです。



今回はメタトレーダーに標準で装備されているフィボナッチツールを使って、
タイムサイクルのお話をしたいと思います。



フィボナッチの中でも、エクスパンションリトレイスメントに比べてタイムサイクルは
かなり解釈的にいろいろな見立てがありますので個人の検証のご紹介としてご理解ください。


まず本日は、フィボナッチタイムエクスパンションの基本的な使用方法についての解説です。



Ftz1_2 チャートはユーロドルの1Hチャートです。

まずはA-Bの時間に対して、Xがどの位のサイクルで出現しているかを確認してみたいと思います。

Yajirusi 

Ftz2今回、メタトレーダーに標準のフィボナッチTimeZoneという機能を使っています。

設定に関してはオリジナルで作成していますので、こちらは次回具体的な設定を公開したいと思います。

ツールバーの挿入→フィボナッチ→TimeZoneを選択します。YajirusiFtz3

チャート上のA-Bを基準とした、タイムサイクルが縦に並んでいます。

イニシャルの設定ではこのようになりませんのでご注意ください

YajirusiFtz4

チャート上のの値を達成した時間は、A-Bの経過時間35時間に対して61.8%の時間21時間目に高値をつけているということがわかります。

チャートをいろいろと検証していると、時間の概念がかなり多く作用していることがわかります。

単純な値幅達成だけでなく、時間的な達成感からの急転などかなり深く価格と時間がかかわってます。

 



まず今回は、さわりの部分だけになりますが設定方法も交えて、メタトレーダーに標準で装備されている
TimeZoneの使い方を解説していきたいと思います。

記事の続きはこちら

フィボナッチタイムエクスパンション(2)

こんにちは しろふくろうです!


昨日さわりだけお話して、やや消化不良気味?のフィボナッチタイムエクスパンション
の続きの記事になります。

今回は設定方法等も解説していますのでぜひトライしてください。

 

 


 

本日は、実際にフィボナッチタイムエクスパンションの使い方の1つをご紹介いたします。

 


今回紹介するパターンは、直近の戻り高値(押し目)を探る方法ですが、
相場のトレンド方向の次の高値(安値)を見つける際にも有効です。
まずは、シンプルにダウントレンド継続の中の、戻り売りの場面をイメージして使用例をご説明いたします。


Fe_ed1 チャートはユーロドルの1Hチャートです。

今回高値Aと安値Bの時間に対しての
フィボナッチタイムエクスパンションを求めています。

つまりA-Bの時間に対して、Xの位置(この時点ではまだ確定していませんが)を時間的な観点から求めています。

具体的には、A-Bの時間にフィボナッチ係数0.382・0.5・0.618・・・を乗じた期間が求められるようになっています。
※フィボナッチTimeZoneの設定はこの記事の最後にご案内いたします。

YajirusiFe_ed_2 先ほどのチャートに更にA-Bのフィボナッチリトレイスメントをプロットしてみました。

理論的には、ピンク色の交点が、A-Bの時間的な
ものさしと、価格的なものさしの交点になり、
フィボナッチリトレイスメントの価格だけではなく
時間の要素を組み入れた値になります。


ちなみに、青色の○は現在の仮の戻り高値となっており、ここからチャートがどのように進行するかがポイントになっていきます。



少し先の話ですが、Xの値を戻り高値にBをした抜けていくことと、Bを起点に新しいトレンドがスタートしたかというのは、今の段階ではまだ断定できませんが、チャート上に道しるべとしてこれらのチャートポイントを意識しておくのも有効だと思います。

かなり突っ込んで説明となってしまいました。
リトレイスメントも、タイムエクスパンションもフィボナッチ理論に基づきますので、
たとえ時間軸を変えても普遍的にこの考え方は適用できると思いますのでうまく活用いただければと思います。

以下タイムエクスパンションの具体的な設定方法です。


fibotz1.pngまずは、ツールバーから
挿入→フィボナッチツール→TIMEZONE
を選択し、フィボナッチタイムゾーンを引きます。
そしてプロパティを開きフィボナッチレベルを設定します。
そして、次の内容で「レベル設定」と「説明」を入力します。

 

 

fibotz2.png

入力してみるとわかりますが、項目の数が足りなくなると思います。

その際は「削除」を押すと、入力項目が増えます。

トライしてみてください!

 

 

 

 

記事の続きはこちら

関連サイト

しろふくろうのメタトレーダーでFXシステムトレード しろふくろうFXテクニカル分析研究所